1. HOME
  2. イベント
  3. オンライン写真展「はじめの一歩」

オンライン写真展「はじめの一歩」

◇ごあいさつ

今年度は、過去のワークショップ実施を含めた記録写真を展示する写真展を行ないました。ダンサー・フォトグラファーの金子愛帆さんによる写真を通して、障がいのある人たちが身体、音、色などさまざまな表現に出会う「はじめの一歩」を踏み出す瞬間と、そこから生まれる表現に寄り添う芸術家たちのまなざしを感じていただく機会となりました。今回ご来場いただけなかった方にも、映像とウェブギャラリーにてご紹介できればと思います。
神奈川県障がい者芸術文化活動支援センター 田中真実 川村美紗

このワークショップ実施事業に同行して記録撮影するようになり、今年度で4年目となりました。あくまでワークショップの記録写真なので、なにが起こったか伝わりやすさを大事にしていますが、人や作品、その場の空気感は誇張することなくそのまま残したいと思って撮っています。みんなが笑って盛り上がった瞬間、静かな時間がゆっくりと流れていた瞬間。どれも美しいと思った瞬間に撮った写真です。
本展写真ディレクション 金子愛帆(ダンサー・フォトグラファー)


◇写真展概要

【日程・会場】
2021年1月15日(金)~17日(日) 相模原市民ギャラリー 第1展示室
2021年1月27日(水)~29日(金) 障害者スポーツ文化センター ラポール上大岡 展示コーナー

写真ディレクション:金子愛帆

展示ディレクション(相模原市民ギャラリーのみ):ドゥイ
音響設計(相模原市民ギャラリーのみ):株式会社ホワイトライト

モビールイラスト提供:磯子区障害者地域活動ホームのみなさん
展示キャプション文字提供:まどか工房

協力 :アガペサポートセンター、磯子区障害者地域活動ホーム、 ザ・PUSH、スプラウト、光の丘、 まどか工房、 みどり福祉ホーム、リエゾン笠間、 リバーサイド泉Ⅲのぞみ・ひまわり 、 YSK作業所


◇展示会映像

相模原市民ギャラリーでの展示の様子を映像にまとめました。会場の雰囲気を感じていただけると嬉しいです。

映像:柏木賢和
BGM:みどり福祉ホーム×ドゥイ、WHITELIGHT

撮影会場:相模原市民ギャラリー 第1展示室


◇ウェブギャラリー

写真展で展示した写真をご紹介します。それぞれの写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

「ひろがる身体、つながる身体」 スプラウト×白神ももこ

スプラウトは、平塚にある生活介護事業所です。知的障がいと身体障がいを併せ持った方が通い、医療的ケアが必要な方もいます。今回は、演出家・振付家の白神ももこさんと伺い、ダンスの取組みを行ないました。白神さんたちが参加者のみなさんの微細な表現をすくい上げ、その人の身体になってみることから、たくさんのダンスが生まれました。自分の動きや声が、目の前で別の身体を通して返ってくることに、みなさんからは驚きと喜びが伝わってきました。

実施日程:2019 年9 月17 日、9 月25 日、10 月23 日/ 参加人数:29 名/ 施設名:スプラウト/ 運営法人名:NPO法人障害児・者・家族サポート事業所スプラウト/ 施設種別:障害福祉サービス事業所( 生活介護)/ 施設住所:平塚市北豊田510-3/ アーティスト:白神ももこ(演出家・振付家・ダンサー)/ アシスタント:内海正考、北川結
スプラウト http://www.sprout.or.jp  白神ももこ https://momongacomplex.info

「” 触れる” からはじまるダンス」 リエゾン笠間× 入手杏奈

リエゾン笠間は、横浜市栄区にある障害者支援施設です。身体障がいのある20~70 代の方が50 名ほど入所し、自宅から通所される方もいます。今回は、ダンサーの入手杏奈さんが訪れ、ダンスワークショップを行ないました。参加者のなかには、身体の反応が微細な方も多くいましたが、目の前の身体への感覚を研ぎ澄ますことで、相手の意識に気づく。身体の間に交わされるささやかなやりとりに、ダンスが生まれる瞬間を見たような気がしました。

実施日程:2019 年12 月11 日、2020 年1 月15 日、1 月22 日/ 参加人数:56 名/ 施設名:障害者支援施設 リエゾン笠間/ 運営法人名:社会福祉法人同愛会/ 施設種別:障害者支援施設/ 施設住所:横浜市栄区笠間3-10-1/ アーティスト:入手杏奈( ダンサー・振付家)/ アシスタント:坂本弘道、涌田悠
リエゾン笠間 https://liaison-kasama.com  入手杏奈 https://twitter.com/nnaeii

「それぞれの表現を見つける」 YSK作業所× 岡田智代

YSK作業所は、横浜市神奈川区にある地域活動支援センターです。主に知的障がいのある女性15 名程度が、布製品の製作などの仕事をされています。今回はダンサーの岡田智代さんと身体をほぐす取組みをしました。身体だけではなく言葉も使って、ゲーム感覚で楽しめる内容に気持ちもほぐれていくみなさん。岡田さんがその人の表現が出てくるのを待ったり、手伝ったりすることで、思いもよらない言葉や動きが引き出されました。

実施日程:2018 年11 月20 日、12 月18 日、2019 年1 月15 日/ 参加人数:32 名/ 施設名:YSK作業所/ 運営法人名:NPO法人たんまち福祉活動ホーム/ 施設種別:地域活動支援センター/ 施設住所:横浜市神奈川区反町1-7-3 アースビル2F/ アーティスト:岡田智代 ( ダンサー・振付家)/ アシスタント:佐々木すーじん
YSK 作業所 https://norinix.sakura.ne.jp/tanmachi/daytime.html#ysk  岡田智代 http://odorumum.net

「身体を使って表現する」 磯子区障害者地域活動ホーム× 入手杏奈

磯子区障害者地域活動ホームは、20 代から60 代までの主に知的障がいのある成人の方が通う施設です。ダンサーの入手杏奈さんと3回に渡ってダンスワークショップを行ないました。お互いの身体が触れ合うことから始まり、まずは入手さんの動きを真似してみます。そのうちに、一人ひとりからさまざまな身体の動きが生まれはじめました。ふだん見られない利用者のみなさんの表現に、職員のみなさんも驚いていた様子でした。

実施日程:2018 年9 月12 日、9 月26 日、10 月10 日/ 参加人数:76 名/ 施設名:磯子区障害者地域活動ホーム/ 運営法人名:NPO法人新/ 施設種別:障害者地域活動ホーム/ 施設住所:横浜市磯子区磯子2-29-51/ アーティスト:入手杏奈( ダンサー・振付家)/ アシスタント:香取直登、涌田悠
磯子区障害者地域活動ホーム http://npo-arata.yokohama  入手杏奈 https://twitter.com/nnaeii

「そのままの身体と向き合う」 光の丘× 向雲太郎

光の丘は、横浜市旭区にある障害者支援施設です。知的障がいのある20 ~ 60 代の方を支えています。今回は、ふだんから音楽に合わせて体を動かすプログラムに参加している利用者のみなさんを対象に、舞踏家・向雲太郎さんとダンスのワークショップを行いました。「今回は逆に、私のほうが利用者のみなさんから舞踏を勉強させてもらった」と雲太郎さん。一人ひとりと真摯に向き合いながら、それぞれの身体、そして動きを味わう時間となりました。

実施日程:2017 年11 月10 日、12 月8日、2018 年1月12 日/ 参加人数:41 名/ 施設名:光の丘/ 運営法人名:社会福祉法人白根学園/ 施設種別:障害者支援施設/ 施設住所:神奈川県横浜市旭区白根7-10-6/ アーティスト:向雲太郎( 舞踏家)/ アシスタント:新宅一平、酒井直之、鈴木清貴
光の丘 https://www.shirane.or.jp/facilities/hikarinooka  向雲太郎 http://www.duexshrine.com


―音楽―

「みんなで声を重ねる」 アガペサポートセンター× 宮内康乃

アガペサポートセンターは、座間市にある生活介護事業所です。身体障がいと知的障がいを併せ持った18~30歳の方が通っています。音楽好きなみなさんが出会ったことのない音楽に触れたい、ということで、作曲家の宮内康乃さんと「声」に焦点を当てた取組みを行ないました。リズムを変えてみたり唇を震わせてみたり、身体のさまざまな働きが加わることで変化する声。もともと一人ひとり違う声ですが、いろんな遊び方をすることで、さらに個性が際立ちました。

実施日程:2019 年9 月24 日、10 月28 日、12 月6 日/ 参加人数:21 名/ 施設名:アガペサポートセンター/ 運営法人名:社会福祉法人日本キリスト教奉仕団/ 施設種別:障害福祉サービス事業所( 生活介護)/ 施設住所:座間市小松原2-10-14/ アーティスト:宮内康乃( 作曲家)/アシスタント:尾形直子、アイケイイチ
アガペサポートセンター http://www.agape-jcws.com  宮内康乃 http://tsumugine.com

「それぞれの思いをつむぐ」 ザ・PUSH× 西井夕紀子

ザ・PUSHはcafé ペガサス、浦島共同作業所、グループホームせせらぎ、地域活動支援センターひふみに通う主に精神障がいのある人たちを中心に発足されたバンドグループです。それぞれに歌いたい曲を持ちよったり、オリジナルの歌をつくったりして、楽しんでいます。今回は、作曲家の西井夕紀子さんと一緒に、2018 年の3月末にある発表会に向け、一人ひとりのやりたいことをつなぎあわせたミュージカルをつくることになりました。

実施日程:2018 年1 月16 日、2 月27 日、3 月29 日/ 参加人数:30 名程度/ 団体名:ザ・PUSH/ アーティスト:西井夕紀子( 作曲家)
西井夕紀子 https://www.yukikonishii.com

「ひとりひとりの個性で歌づくり」 まどか工房× 即興からめーる団

まどか工房は、横浜市旭区にある障害福祉サービス事業所です。主に知的障がいを持った方がそれぞれの得意分野を発揮できるように、個性を大切にしながら仕事に取り組んでいます。忙しい中でも、表現に向き合う時間を大切にしたいという職員さんの想いから、音楽の取組みを行うことに。音楽ユニットの即興からめーる団のお二人と3つの事業所ごとに2回ずつ伺い、利用者のみなさんのなかから出てくる言葉とメロディで工房ごとのオリジナルソングが完成しました。

実施日程:2017 年11 月17 日、11 月24 日、12 月1日/ 参加人数:61 名/ 施設名:まどか工房/ 運営法人名:社会福祉法人夢21/ 施設種別:障害福祉サービス事業所( 生活介護)/ 施設住所:横浜市旭区本宿町18-14/ アーティスト:即興からめーる団( 音楽ユニット)
まどか工房 https://yume21.net/?page_id=195  即興からめーる団 http://improkarame.blogspot.com


―美術―

「日々の音に耳をすませる」 みどり福祉ホーム× ドゥイ、WHITELIGHT

1986 年の完成当時から、横浜北部の重度重複障がい者の日常を支えているみどり福祉ホーム。音に興味を持つ利用者さんが多く、サウンドスケープデザインのWHITELIGHT と造形ユニットのドゥイのみなさんといっしょに音を楽しむ取組みを行ないました。特殊なマイクで施設の内外の音を拾い、スピーカーをとおして聞いてみると、いつもと違う聞こえ方に不思議そうな顔をする方も。ふだん意識を向けない日常に鳴っている音を見つけ、みんなで耳をすませる時間となりました。

実施日程:2020 年10 月26 日、10 月30 日、11 月2 日/ 参加人数:61 名/ 施設名:みどり福祉ホーム/ 運営法人名:NPO法人みどり福祉ホーム/ 施設種別:障害者地域活動ホーム/ 施設住所:横浜市緑区十日市場町808-3/ アーティスト:ドゥイ( 造形ユニット)、WHITELIGHT( サウンドスケープデザイン)
みどり福祉ホーム https://midori-fukusi.wixsite.com/midorifukusi  ドゥイ http://duilab.com   WHITELIGHT http://whitelights.jp

「五感を使って変化を楽しむ」 リバーサイド泉Ⅲのぞみ・ひまわり× ドゥイ

リバーサイド泉Ⅲのぞみ・ひまわりは、横浜市泉区にある生活介護施設です。成人が通う「のぞみ」と、児童の放課後等デイサービス事業を行う「ひまわり」が同じ敷地内にあり、知的障がいと身体障がいを併せ持った方が1日25 名ほど通われています。今回は造形ユニットのドゥイのみなさんと訪れ、五感を働かせて素材に触れる取組みを行ないました。利用者のみなさんは「なんだろう」「触ってみたい」という気持ちから、自ら手を伸ばしたり、じっと視線を向ける様子が見られました。

実施日程:2018 年8月28 日、12 月26 日、2月4日/ 参加人数:89 名/ 施設名:リバーサイド泉Ⅲのぞみ・ひまわり/ 運営法人名:社会福祉法人横浜市社会事業協会/ 施設種別:障害福祉サービス事業所( 生活介護)/ 施設住所:横浜市泉区下飯田町811-6 番地/ アーティスト:ドゥイ( 造形ユニット)
リバーサイド泉Ⅲのぞみ・ひまわり https://www.ysjk.jp/nozomi  ドゥイ http://duilab.com

イベント一覧に戻る